学部生の皆さんへ

私どもの研究室が理研に移動して4年目を迎えました。研究所は勿論研究の専門家が集まる所ですが、私は大学にもいましたので、学生の教育にも興味あります。理研は日本を代表する研究...

新しい年を迎えて

昨年は広島大学から理化学研究所へのラボの移動があり、バタバタした年でありました。大学から再び研究所に戻り、講義なし会議なしの環境には最初戸惑いがあったものの最近は大分慣れ...

霞に消えぬ思い:「金太郎飴になるな」「研究のない医学に将来の医療はない」

                                   前 広島大学医学部教授 内匠 透  僕にとっては …

久しぶりに大学医学部に戻って

というタイトルで何かを書かねばと思ってはや3年以上が経ちました。前任地(大阪バイオサイエンス研究所)は研究所だったので、百パーセント研究に打ち込める環境にありましたが、今...

医学部学生の皆さんへ:金太郎飴になるな!

入学おめでとうございます。皆さんは今大学生です。これまでの生徒とは違います。皆が学ぶ場所は大学です。学校と呼ばないで下さい。まずは、「生徒と学生」「学校と大学」の違いがわ...

ヒトのココロを解剖する。

(HU-style 28号, 2011)

教室だより 【統合バイオ】

(広仁会々報 第81号, 2011)

分子生物学から疾患生物学へ

(分子精神医学 vol.11, No.3, 2011)

新しい10年に向けて

私の研究室ができてから10年が経ちました。21世紀になったばかりの4月1日に北摂の 吹田にある大阪バイオサイエンス研究所において4人でスタートしました。私の当時の状況から...

「努力」という言葉が消えていく・・・

今年のはじめのニュースで、好きな言葉ベスト10とか何とかいう話題を聞いた。早く文章にしようと思っていたが、今年も早くも半分が過ぎようとしているので、記憶の方も定かでなくな...

1日遅れのクリスマスプレゼント

(細胞工学 vol25, No7, 2006 一枚の写真館から) 大学院2年のことである。昭和62年12月24日、クリスマスイヴの夜午後11時05分、魚臭いカエル部屋でアフリカツメガエルの卵へ...

精神疾患はRNAの異常?

(RNA Network Newsletter, 5, 1, …

平成17年度特定領域研究統合脳冬の班会議印象記から

小田領域内広報委員長の方から班会議の印象記をということでしたので、気楽に書かせていただきます。 「この歳でポスターはいややな」と思っていたところ、「担当者による発表内容の...

郵便局から取り戻せ

(「中西重忠研究室:24年の歩みと集いし人々 中西重忠教授退職記念事業会 2005年」から) 中西重忠教授退職記念誌ということで、どれくらいオフィシャル度を要求されるのかも...

最近の若者は・・・

「最近の若者」はという言葉を使い始めると年をとったということになるのかもしれないけれど、あえて考えてみることにしました。まずは身近な大学院生から。最近、日本でも大学の大学...

「夢」

私はモノゴコロついた時から阪神タイガースファンです。読売がV9を達成した最後の年に、129試合目引き分けでも優勝のナゴヤ球場(ドームではありません)での試合に、中日に相性の...

私にはいいなぁと思う職業が…

私にはいいなぁと思う職業が三つあります。一つは野球やサッカーの「プロのスポーツ選手」で、彼らは厳しい練習をしていますが基本的に好きなスポーツでお金を稼いでいます。もっとも...