新しい年を迎えて

by manager

昨年は広島大学から理化学研究所へのラボの移動があり、バタバタした年でありました。大学から再び研究所に戻り、講義なし会議なしの環境には最初戸惑いがあったものの最近は大分慣れてきました。一方で、予想はしていたものの学生のいない環境で如何に若い人たちを確保していくかは問題です。近い将来理研は独立行政法人から国立研究開発法人へと変わっていく予定ですが、人材育成を含めて、理研でしかできない世界レベルの仕事を目指したいと思います。関係各位皆様に対して、本年も引き続きご厚情賜りますようよろしくお願い申し上げます。

 

平成26年新春 内匠 透